ISO企業内研修、ISOコンサルティング、ISO9001、ISO14001、ISMS、OHSAS、シックスシグマ、ISOのeラーニングのことならグローバルテクノにお任せください。

ISO29990 学習サービスマネジメントシステム コンサルティング

ISO29990 コンサルティング

ISO29990/LSMS 認証取得コンサルティング

ISO29990/LSMS 学習サービスマネジメントシステム
ISO(国際標準化機構)が2010年に発行した国際規格「非公式教育・訓練のための学習サービス-サービス事業者向けの基本的供給事項-のことでLSMSと略されることもある。規格のねらいは専門的な学習サービスの品質を向上させるためのモデルを提供すること。顧客が学習サービス事業者を選択する際の参考として利用できる。」

ハイブリッド学習+ISO29990 LSMS認証コンサルティングの特長

  • 文書様式の提供はもちろん認証取得まで選任スタッフが100%サポート。
  • 教育訓練の代行や内部監査の代行も行っております。
  • ISO29990認証取得後の運用フェーズもサポートします。

ISO29990 LSMS認証取得のメリット

ISO29990 LSMS認証取得する場合にはどんなメリットがあるのか解説します。
大きく3つに分けることができます。
lsms29990

競合他社との明確な差別化

ISO29990 LSMS認証を取得した組織は認定証が発行され、ホームページや会社案内などに掲載することが認められます。
学習サービスを提供する事業者においては「認定ロゴマーク」によって明確な差別化を図るとともに、受講者からも「第三者による審査をクリアした学習サービスを提供している企業」として選別することができます。

学習サービス品質の保証

ISO29990 LSMS認証を取得した組織は規格が要求するマネジメントシステムの確立できていることとなります。
具体的には、提供するサービスの評価や組織体制の監査、経営陣によるレビューが実施されており、基準に満たないサービスに対しては継続的に改善、是正する仕組みがあることを明確にしています
適切な間隔と公正な立場で組織を監査し、より有効的な学習サービスの提供に取り組んでいる企業であることがわかります。

訓練実施の優位性

ISO29990 LSMS認証を取得した組織は求職者雇用支援機構が公開する「求職者支援訓練の選定方法」について、その内容をHPで公開しています。ISO29990を認証取得している場合には評価点が5点加算されることが表記されています。

ISO29990 LSMS認証取得とはどのような事を行うのか?

お客様かの問合せについて回答します。特に新規認証取得のお客様からは以下2つの点について質問を多く受けます。
lsmsfaq1

ISO29990 LSMS認証について調べてみたが何をしたらよいかよくわからない
学習サービス事業者の皆様は、厚生労働省が、国の求職者支援事業等に関連して、ISO29990の導入を推奨している関係でISO29990について一度は目にしているでしょう。
”利害関係者”を明確にし、”計画→実行→評価→改善のPDCAサイクル”を実施すること。監査し、経営陣の支持判断を仰ぐ。これらを記録に残す。極論で言えばマネジメントシステムが要求していることとは「組織の取組みが書いている(定めている)内容と実施している内容が違う」こんなことが無いようにすることが要求されています。
では具体的最初にやることは?
まずはじめに組織における事業のプロセスを理解しましょう。もちろんトップマネジメントの同意や方針文書や目標の設定等ありますが、対象となる組織の事業プロセスを正確に把握することが認証取得の近道となります。
認証取得までの期間はどれくらいかかるのでしょうか?
組織規模によって異なりますが目安として6ヶ月から10ヶ月としています。
直接お話しを聞きたいのですが
もちろん可能です。弊社は東京、神奈川、埼玉であればご訪問してお話を伺う事も可能です。ISO29990についての疑問点や不安点があればお気軽にご相談ください。

lsmsfaq2

ISO29990 LSMS認証規格の意味がわからない
ISO29990の規格要求事項を抜粋して解説します。
4.2 戦略およびマネジメント
学習サービス事業者は本規格を履行するにあたり、事業計画に係る一般的な慣行に基づき事業計画書を策定し文書により記録しなければならない。事業計画には、戦略的及び経営目標、経営組織の説明、キープロセス及び学習サービス事業者の品質方針を盛り込まなければならない。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
→ 規格では”何を(What)”を要求しているが、”どのように(How)”は要求していません。
したがってどのように実施するかは組織のサービスと照らしあわせて”どのように”対応するかを決定する必要があります。
今回の要求の場合には事業計画書の作成とその項目を要求しており、それらが含まれていればWordファイルでもExcelファイルでも議事録のようなメモでも問題ありません。

ISO29990/LSMS 認証取得までの流れ

lsmsスケジュール

ISO29990 LSMS認証を自社の力で構築

presen01_04
当社WebページではISO29990の規格解説をブログ形式で紹介しています。
ISO29990コンサルティング支援を活用せずに規格が要求していること、
どのような取り組みを実施すればよいか自社の力でマネジメントシステムを構築する場合にはご活用ください。

ISO29990 ① 規格項番4-1について解説
NEWISO29990 ② 規格項番4-2について解説
NEWISO29990 ③ 規格項番4-3について解説

ISO29990の取得方法やコンサルティングは融合経営にお問合せください。

お気軽にお問合せください TEL 03-3360-9005 info@efmc.jp
10:00-17:00 [土日祝日を除く]

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.