ISO企業内研修、ISOコンサルティング、ISO9001、ISO14001、ISMS、OHSAS、シックスシグマ、ISOのeラーニングのことならグローバルテクノにお任せください。

使えるSLA/SLM構築実践コース

ISO20000

「使えるSLA(サービスレベル合意書)」へと作成できるようにするスキルを身につけます。

講義とワークショップを通じて、作成が難しいといわれるSLAを、「使えるSLA(サービスレベル合意書)」へと作成できるようにするスキルを身につけます。

顧客満足の向上、自社事業価値の拡大と競合優位性の向上を図るため、
SLA(サービスレベルアグリーメント)の策定とSLM(サービスレベル管理)の実施が必須となってきています。最近国内で急速に普及してきているITILにおいてもSLMはキーファクターとして位置付けられています。

本コースは、「参加者の企業環境に適用するSLAを、テンプレートを使い作成する」ことを目的とし、講師の経験を踏まえて作成した詳細事例を基に、ITILをベースとしたSLAの策定方法・SLMの実施方法を実践的に解説します。1日目でSLA作成とSLM体制のあり方、運用のフレームワークを学び、2日目でこの知識を基に受講者各人の組織に適用できる、「使える」SLA/SLM体制案を作成していきます。会社で実際に使える成果物を持ち帰れますので、SLAの作成、SLM構築運用を通じた現場運用の改善を志す方に最適です。

1.概要

使えるSLA/SLM構築実践コース
対象者 ISO20000に基づくITサービスマネジメントシステム構築担当の方
期間 1日間
会場 貴社
講師 株式会社グローバルテクノまたは株式会社融合経営 講師
言語 日本語
問合せ・見積 本研修に関する問合せ・見積り依頼はこちらから

2.内容

  1. SLAの必要性(J-SOX、ITサービスマネジメントとの関係、導入効果)
    1.1 ITサービスマネジメント及びJ-SOXとSLA
    1.2 SLA/SLMの導入状況と効果
  2. SLA/サービスレベル管理とは(SLA/SLMの概要)
    2.1 SLA/SLMの位置付け
    2.2 SLAの定義と形態・形式
    2.3 サービスレベル管理のプロセス
  3. SLA策定のプロセス(計画策定、体制構築からプロジェクト管理まで)
    3.1 SLA策定計画の考え方
    3.2 SLA策定ステップについて
    3.3 SLA策定ステップにおけるアウトプット
    3.4 SLA策定に必要な体制とアウェアネス
    3.5 SLA策定スケジュールの立て方
    3.6 プロジェクト管理
  4. SLAの策定(実践ワークショップ─目標設定からコスト算出、合意文書の策定、運用手順の整備まで)
    4.1 要件整理とSLA策定の目的と目標決め
    4.2 現状アセスメント
    4.3 サービスカタログ(サービスメニュー)の作成
    4.4 サービス指標、サービスレベル策定
    4.5 サービスコスト算出
    4.6 SLA契約の考え方とSLAの合意文書としての取りまとめ4.7SLA運用手順書の作成
  5. 事例・SLAサンプル集の紹介

開催までの流れ

(1)お問い合わせ、概算費用の発行
ご希望の内容、時期、人数などをお知らせください。
概算をEメールにてお届けします。
(2)日程の調整、仮予約
貴社のご希望日程(複数)をお知らせください。
人気講師は日程が早く埋まりますので仮予約をします。
(3)研修プログラムの決定
貴社ご希望内容を考慮し弊社で企画します。
(4)見積書の発行
見積をEメールにてお届けします。
(5)お申込み
弊社指定の申込書を記載し、ご提出ください。
(6)教材のお届け
教材は研修の開始前に貴社宛て送付します。
会場及び機器は、貴社にてご準備をお願いします。
(7)研修の実施
計画どおりに研修を実施します。
(8)修了証の授与
当日又は後日、コース修了証をお渡します。
(9)ご請求書の発行
貴社宛てにご請求書をお届けします。

お気軽にお問合せください TEL 03-3360-9005 info@efmc.jp
10:00-17:00 [土日祝日を除く]

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.